[PR]

日別キーワード

第7位  広宣流布 - 2019年03月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



広宣流布
広宣流布(こうせんるふ)とは、法華経の教えを広く宣(の)べて流布すること。略して広布(こうふ)ともいう。日蓮系各派では、この語を「日蓮(ひいては自派)の教義を広める」という意味で用いている 。 法華経 妙法蓮華経薬王菩薩本事品第二十三には、「是故宿王華 以此薬王菩薩本事品 嘱累於汝 我滅度後 後五百歳中 広宣流布 於閻浮提 無令断絶 悪魔魔民 諸天 龍 夜叉 鳩槃荼等 得其便也」とある。 訓読 「是の故に宿王華、此の薬王菩薩本事品を以って汝に嘱累す。我が滅度の後後の五百歳の中、閻浮提に広宣流布して、断絶して悪魔・魔民・諸天・龍・夜叉・鳩槃荼等に其の便りを得せしむることなかれ。」 現代語訳 「それゆえに、"星宿の王によって花で飾られた神通を持つもの"(宿王華)よ、〔恐るべき〕後の時代、後の情況において、後の五百〔年〕が進行している間に、このジャンブー州(閻浮提)において〔この章〕が流布して、消失〔する〕に到ることがないように、また魔のパーピーヤス(波旬)がつけ入る機会を得ることがない〔ように〕、魔の集団に属する神々たちも、龍たちも、ヤクシャ(夜叉)たちも、ガンダルヴァ(乾闥婆)たちも、クンバーンダ(鳩槃荼)たちもつけ入る機会を得ることがない〔ように〕、私はこの『"あらゆる衆生が喜んで見るもの"(一切衆生喜見)という偉大な人である菩薩の過去との結びつき』章を付嘱しよう。 (Wikipedia:広宣流布)


広宣流布 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

広宣流布 - アマゾン検索


「広宣流布」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す