[PR]

日別キーワード

第1位  カトリーナ - 2019年03月18日


関連するイメージは見つかりませんでした



カトリーナ
カトリーナ(Katrina)は、英語圏などの女性名。英語名としてはキャサリンの異形にあたる。 カトリーナ・エラム - アメリカ合衆国のカントリー・ミュージック歌手。 カトリーナ・レスカニッチ - アメリカ合衆国の歌手。「カトリーナ・アンド・ザ・ウエイブス」のボーカル。 カトリーナ・テイラー - アメリカ合衆国の歌手トリーナの本名。 カトリーナ・プライス - アメリカ合衆国のバスケットボール選手。 カトリーナ・ハッカー - アメリカ合衆国のフィギュアスケート選手。 カトリーナ・タヴィ - フィンランドの女優。 カトリーナ・バルフ - アイルランドのモデル、女優。 カトリーナ・ホッジ - イギリスの軍人。2009年のミス・イングランド。 アユミカトリーナ - 日本の女性ファッションモデル。一時期カトリーナのみを芸名として使用していた。 その他 ハリケーン・カトリーナ - 大西洋北部に1981年、1999年、2005年、太平洋北東部に1967年、1971年、1975年に発生したハリケーンまたは熱帯低気圧の名前。 (Wikipedia:カトリーナ)

カトリーナ陽子
カトリーナ 陽子(カトリーナ ようこ、1998年1月10日 - )は、日本のアイドル、ものまねタレント。カトリーナはミドルネーム。フィリピンと日本のハーフである。 小さい頃一緒に暮らしていたおばあちゃんの影響で、山口百恵の歌を良く耳にし、歌まねをするようになる。 2013年9月、幼い頃から夢見ていた芸能界を目指す為にワタナベエンターテイメントスクールに通い始める。 周りから山口百恵のデビュー当時の顔に似ていると言われ、幼い頃の経験もありものまねを始めるようになる。 2014年6月、現事務所の先輩である宮川大好と出会い、本格的にものまねタレント桃恵として活動を開始する。 2014年10月、ワタナベエンターテイメントスクールを卒業。 ものまねショーレストランそっくり館キサラにも不定期であるが出演するようになる。 ものまねレパートリーは山口百恵だけでは無く、イモトアヤコ・松田聖子・絢香など多才である。 2015年3月、埼玉県飯能市近郊で活動しているアイドルグループ未来芸能学院たまご組に所属、アイドルとしても活動を始める。 (Wikipedia:カトリーナ陽子)

カトリーナ・バルフ
カトリーナ・バルフ(Caitriona Balfe〈発音:[kəˈtriːnə ˈbælf]〉、1979年10月4日 - )は、アイルランドのファッションモデル、女優。2014年に放送されたテレビドラマ『アウトランダー』で主役のクレア・ビーチャムを演じ、サターン主演女優賞(テレビドラマ部門)を受賞、ゴールデングローブ賞主演女優賞(テレビドラマ部門)にノミネートされた。 1999年、ダブリン県立大学で音楽と演劇を学んでいた時、パリでファッションモデルの仕事のオファーを受ける。ドルチェ&ガッバーナ、モスキーノ、ロベルト・カバリ、マックスマーラ、ボッテガ・ヴェネタ、H&M、オスカー・デ・ラ・レンタなどの多くのブランドの広告やキャンペーンに登場し、10年以上ランウェイでも活躍した後、演技の世界へ転向した。 『アウトランダー』以前には、『SUPER8/スーパーエイト』『グランドイリュージョン』『大脱出』などに出演し、"The Beauty Inside" や"Crush" 、"H+: The Digital Series" では主要な役どころを得た。 (Wikipedia:カトリーナ・バルフ)


カトリーナ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  カルメン - 2019年03月20日


関連するイメージは見つかりませんでした



カルメン
『カルメン』(Carmen)は、フランスの作家プロスペル・メリメが1845年に「両世界評論」に発表した、全4章からなる中編小説、及びそこに登場する女性の名前である。1847年に「アルセーヌ・ギヨ」、「オーバン神父」とともに初めて単行本で発売される。『両世界評論』誌上に発表された際、ボヘミア人について記述した第4章がなかったが、単行本には差し加えられている。最新の日本語訳書は、工藤庸子訳が新書館で刊行されている。 メリメは執筆前に2回スペイン旅行をしており、その1回目の旅行の際に「カルメン」の題材を思いついた。作品では作者に仮託される考古学者がスペインで出会ったある山賊の身の上話を紹介するという体裁でカルメンの物語が描かれる。彼はカルメンという情熱的なジプシー女に振り回されたあげく、悪事に身を染めてお尋ね者となり、ついには死刑となる。 原作ではスペインの民族構成の複雑さや、下層社会の抱える困難、荒涼とした風土などを背景に、ある孤独で勤実なバスク人の男が情欲のため犯罪に加担し、やがて破滅するというストーリーであり、基調としてはけっして華やかな物語ではない。 (Wikipedia:カルメン)

カルメンマキ
『カルメン・マキ』より : カルメン・マキ(旧本名:Maki Annette Lovelace、1951年5月18日 - )は、歌手、ロックミュージシャンである。日本国籍を取得するまでの本名はMAKI ANNETTE LOVELACEであったが、現在の本名は非公表。 誕生〜歌謡曲時代 アイルランド人とユダヤ人の血を引くアメリカ人の父と日本人の母との間に神奈川県鎌倉市で生まれる。 1968年、私立香蘭女学校高等学校を2年次で中退。イラストレーターか役者になろうかと考えていた時期に、詩人の寺山修司が主宰していた劇団「天井桟敷」の舞台『青ひげ』にたまたま友人に連れられていった。その舞台に感銘を受けた彼女は即入団を決意。同じ年の8月に新宿厚生年金会館での「書を捨てよ町へ出よう」が初舞台(まだこの時は通称名の「伊藤牧」名義)。この時、CBSソニーの関係者の目に止まり、歌手として契約。 芸名の「カルメン・マキ」はこの時期に舞台の練習中にたまたま思いついたものだという。 翌1969年に「時には母のない子のように」(作詞:寺山修司、作曲:田中未知)でデビュー。 (Wikipedia:カルメンマキ)

カルメン・マキ
カルメン・マキ(旧本名:Maki Annette Lovelace、1951年5月18日 - )は、歌手、ロックミュージシャンである。日本国籍を取得するまでの本名はMAKI ANNETTE LOVELACEであったが、現在の本名は非公表。 誕生〜歌謡曲時代 アイルランド人とユダヤ人の血を引くアメリカ人の父と日本人の母との間に神奈川県鎌倉市で生まれる。 1968年、私立香蘭女学校高等学校を2年次で中退。イラストレーターか役者になろうかと考えていた時期に、詩人の寺山修司が主宰していた劇団「天井桟敷」の舞台『青ひげ』にたまたま友人に連れられていった。その舞台に感銘を受けた彼女は即入団を決意。同じ年の8月に新宿厚生年金会館での「書を捨てよ町へ出よう」が初舞台(まだこの時は通称名の「伊藤牧」名義)。この時、CBSソニーの関係者の目に止まり、歌手として契約。 芸名の「カルメン・マキ」はこの時期に舞台の練習中にたまたま思いついたものだという。 翌1969年に「時には母のない子のように」(作詞:寺山修司、作曲:田中未知)でデビュー。 (Wikipedia:カルメン・マキ)

カルメン・マキ&OZ
『カルメン・マキ』より : カルメン・マキ(旧本名:Maki Annette Lovelace、1951年5月18日 - )は、歌手、ロックミュージシャンである。日本国籍を取得するまでの本名はMAKI ANNETTE LOVELACEであったが、現在の本名は非公表。 誕生〜歌謡曲時代 アイルランド人とユダヤ人の血を引くアメリカ人の父と日本人の母との間に神奈川県鎌倉市で生まれる。 1968年、私立香蘭女学校高等学校を2年次で中退。イラストレーターか役者になろうかと考えていた時期に、詩人の寺山修司が主宰していた劇団「天井桟敷」の舞台『青ひげ』にたまたま友人に連れられていった。その舞台に感銘を受けた彼女は即入団を決意。同じ年の8月に新宿厚生年金会館での「書を捨てよ町へ出よう」が初舞台(まだこの時は通称名の「伊藤牧」名義)。この時、CBSソニーの関係者の目に止まり、歌手として契約。 芸名の「カルメン・マキ」はこの時期に舞台の練習中にたまたま思いついたものだという。 翌1969年に「時には母のない子のように」(作詞:寺山修司、作曲:田中未知)でデビュー。 (Wikipedia:カルメン・マキ&OZ)

カルメン (オペラ)
『カルメン』(Carmen)は、ジョルジュ・ビゼーが作曲したフランス語によるオペラである。 オペラ『カルメン』は、プロスペル・メリメの小説『カルメン』を基にしたもので、アンリ・メイヤックとリュドヴィク・アレヴィがリブレットを作った。音楽(歌)の間を台詞でつないでいくオペラ・コミック様式で書かれている。全4幕。 1875年3月3日、パリのオペラ=コミック座で初演されたが不評であった。ビゼーは初演から間もなく死去するが、その後エルネスト・ギローにより台詞をレチタティーヴォに改作されて上演され、人気を博すようになった。フランス歌劇の代表作として世界的に人気がある。 リブレットはフランス語で書かれているが、物語の舞台はスペインである。そのため日本では役名Joséをスペイン語読みでホセと書きあらわすが、実際はフランス語読みでジョゼと発音して歌われる。音楽もハバネラやセギディーリャなどスペインの民族音楽を取り入れて作曲されている。 近年ではオペラ・コミック様式に復元した原典版である「アルコア版」による上演も行われる。 (Wikipedia:カルメン (オペラ))

カルメン故郷に帰る
『カルメン故郷に帰る』(カルメンこきょうにかえる)は、1951年の松竹大船撮影所製作の日本映画、および高峰秀子による同名の主題歌。 ほぼ全編を浅間山麓でロケ撮影し、国産初の「総天然色映画」として公開されて話題を呼んだ。 都会でストリッパーをしているヒロインを演じる高峰秀子の爽やかな演技が光る。戦後の自由でどことなく軽薄な風潮と、それに対する賛否両論の世論を風刺した軽快な喜劇で、新しい時代の映画の創作意欲が随所に見て取れる作品である。また父娘、姉妹、夫婦の情愛などが非常に丁寧に描かれている。 あらすじ 上州北軽井沢の浅間山のふもとの村で育った娘・おきんは、家出をして東京に出、リリィ・カルメンという名のストリッパーになっていた。彼女は男性たちを魅了する裸踊りを芸術だと信じて疑わない。とある初秋に、おきんは同僚の踊子・マヤ朱美を連れて故郷へ錦を飾りに帰ってくる。芸術の擁護者を自任する校長先生は、村から芸術家を輩出したと大喜び。村人たちも共に帰郷を歓迎した。ところがふたりを目の当たりにして、村とは不釣合いな派手な出で立ちと言動に戸惑ってしまう。 (Wikipedia:カルメン故郷に帰る)

カルメン (映画)
『カルメン』(Carmen)は、1909年(明治42年)以降に数多く製作された世界各国の映画である。 メリメの小説およびビゼーのオペラを題材とした映画は数多く製作されているが、記録に見るもっとも初期の作品は1909年のイタリア映画『カルメン』のようである。ドラマチックなオペラの脚色が好まれる傾向にあるが、メリメの原作を現代ふうにアレンジした作品も多い。1990年代以降には、LD、DVDなどでオペラの記録映画が発売されることも多くなった。 主なカルメン映画 カルメン (1915年 - アメリカ、デミル) 監督:セシル・B・デミル パラマウント社がメトロポリタン・オペラのプリマ、ジェラルディン・ファラーを招いて撮った大作。ウォーレス・リード共演。サイレント映画だが、ボストンのシンフォニー・ホールでオーケストラ伴奏付きで上映され、ヒューゴー・リーゼンフェルドのスコアは映画音楽の先駆けといわれている。ファラーは大物舞台人としては初めて映画に出演した人物だという。また、デミルの指導でリアリズム演技に目覚めたファラーは、後に舞台で共演したエンリコ・カルーソーを本気で殴ってしまい一悶着あったとか。 (Wikipedia:カルメン (映画))

カルメンという名の女
『カルメンという名の女』(仏語: Prénom Carmen)は、プロスペル・メリメ原作の短編小説『カルメン』(1845年)を原作にしたオペラ『カルメン』を自由に翻案したジャン=リュック・ゴダール監督による1983年製作の映画作品。 1983年、イタリア・ヴェネツィア国際映画祭において、金獅子賞と「映像と音響の技術的価値に対する特別賞」を受賞した(審査委員長はベルナルド・ベルトルッチ)。 オペラ『カルメン』の著作権保護期間が1983年に切れパブリック・ドメインになったことで各国でさまざまな『カルメン』に想を得た作品が作られた。そうした状況のなかでもゴダールがジョルジュ・ビゼーの楽曲ではなく、ベートーヴェンの『弦楽四重奏曲』をふんだんに使用するなど他の『カルメン』を題材に扱った作品と較べてみても極めて異色な作品となった。 1972年のジガ・ヴェルトフ集団解散以降、ゴダールの公私にわたるパートナーであるアンヌ=マリー・ミエヴィルは、1975年のゴダール監督作『パート2』以来、ゴダールとの脚本の共同執筆や、『6x2』(1976年)や『うまくいってる?』(1978年)のように共同監督をつづけてきたが、本作が初の単独での脚本執筆作となった。 (Wikipedia:カルメンという名の女)

カルメン・エレクトラ
カルメン・エレクトラ(Carmen Electra, 1972年4月20日 - )は、アメリカ合衆国のモデル・女優。オハイオ州・シンシナティ郊外の出身。本名タラ・リー・パトリック(Tara Leigh Patrick)。アイルランド・ドイツ・チェロキーの血を引いている。 高校卒業後にカリフォルニア州に移り、そこでプリンスに出会う。彼の勧めで名前を“カルメン・エレクトラ”とし、プリンスのレコード会社と契約してラップ・グループの一員としてデビュー。1995年頃からテレビに出始めるようになる。1996年に「プレイボーイ」誌に登場、人気テレビシリーズ『ベイウォッチ』にも出演する。その後、映画にも出演しているが、『名探偵モンク』や『ジョーイ』、『HOUSE』など、テレビ出演が多い。 プライベートでは1995年から1998年までラップ・グループ、サイプレス・ヒルのBリアルと交際。1998年にはNBAで活躍したバスケットボール選手であり過激な言動でも有名なデニス・ロッドマンと結婚し知名度を上げるが、半年程で離婚した。 (Wikipedia:カルメン・エレクトラ)

カルメン・ペレイラ
カルメン・ペレイラ(Carmen Pereira、1937年生)はギニアビサウの政治家である。
ペレイラは、1962年に、ポルトガル領ギニアとカーボベルデの独立運動を主導していたギニア・カーボベルデ独立アフリカ党(PAIGC)に入党し、政治活動に参加し始める。彼女の夫もまたPAIGCの活動家であった。ペレイラは最終的には国外退去を余儀なくされ、しばらくセネガルで暮らした後、ソビエト連邦 ソ連に留学して医学を学んだ。
後に、ギニアビサウに帰還し、医療、政治の両分野で活躍した。国民議会議員に当選し、ジョアン・ヴィエイラの軍事政権下で議長を務めた。1984年に新憲法が導入される際の3日間、臨時大統領を務め、アフリカで最初の女性大統領となった。ペレイラは1992年まで議長の座を務めた後、無能力、無責任を理由にしてヴィエイラに解任された。
(Wikipedia:カルメン・ペレイラ)

カルメン・マウラ
カルメン・マウラ(スペイン語: Carmen Maura, 1945年9月15日 - )は、スペイン・マドリード出身の女優。1989年、1991年、2000年、2007年の4度ゴヤ賞を受賞している。母語であるスペイン語のほかに、フランス語を流暢に話し、英語も話すことができる。 1945年にマドリードに生まれた。マドリードのアレンサーナ宮殿に住んでいたフエンテ伯ヌエバ・デ・アレンサーナは母方の曽祖父であり、同じく母方の曽祖父には芸術家のバルトロメ・マウラがいる。1903年から1922年まで5度にわたってスペイン首相を務めたアントニオ・マウラはバルトロメの兄弟である。マウラはフランス・パリのエコール・デ・ボザール(国立高等美術学校)で哲学と文学を学んだ。1964年には法曹のフランシスコ・フォルテサと結婚し、一男一女を儲けているが、1970年に離婚した。当初はキャバレー歌手をしていたが、1970年に『El hombre oculto』で初めて映画に出演した。1977年には『Tigres de papel』で主要な役割を演じた。 (Wikipedia:カルメン・マウラ)

カルメン (曖昧さ回避)
カルメン(Carmen) スペイン語の女性の名前。他言語の対応形は、カタルーニャ語ではカルマ(Carme、例:カルマ・チャコン)、ガリシア語ではカルメ(Carme)。 プロスペル・メリメの小説及びその登場人物。カルメンを参照。 上記小説をもとにしたオペラ。カルメン (オペラ)を参照。 上記の小説・オペラをもとにした多数の映画。カルメン (映画)を参照。 カルメン (小惑星) - 上記作品にちなんで命名。 カルメン対決 - フィギュアスケート競技におけるトピック。対戦選手双方が上記オペラ中の楽曲を使用したため。 スペインアンダルシア州グラナダ県における、高い壁に囲まれた果樹園や中庭の呼び名。またはそれらをもつ邸宅。スペイン語版のCarmen granadinoを参照。 人名 エリック・カルメン - アメリカの歌手。 カルメン(DJカルメン) - 日本のラジオパーソナリティ。カルメンのオールナイトニッポン参照。 カルメン・アマヤ - スペインのフラメンコダンサー、歌手。 カルメン・イジョゴ - イギリス出身の女優。 カルメン・エレクトラ - アメリカ合衆国のモデル・女優。 (Wikipedia:カルメン (曖昧さ回避))

カルメン・イジョゴ
カルメン・イジョゴ(Carmen Ejogo、1974年1月1日 - )は、イギリス・ロンドン出身の女優。 父親はナイジェリア人、母親はスコットランド人。 2000年、俳優のジェフリー・ライトと結婚し、子供が二人いる。 フィルモグラフィ 映画 テレビシリーズ 参考文献 外部リンク カーメン・イジョゴ - allcinema Carmen Ejogo - インターネット・ムービー・データベース(英語)。 (Wikipedia:カルメン・イジョゴ)

カルメン・マキ&OZ
『』より : (Wikipedia:カルメン・マキ&OZ)


カルメン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  サマータイム - 2019年03月20日


関連するイメージは見つかりませんでした



サマータイム
『夏時間』より : 夏時間(なつじかん)またはサマータイム(英: summer time ヨーロッパ大陸でも用いる)、デイライト・セービング・タイム(米: daylight saving time (DST)。カナダ、オーストラリアでも用いる)とは、1年のうち夏を中心とした期間に、太陽の出ている時間帯を有効に利用する目的で、標準時を1時間進める制度、またはその進められた時刻のこと。ただし、オーストラリアのロード・ハウ島では夏時間と通常の時間の差が1時間でなく30分である。 現在の主な実施国・地域では実施期間が7 - 8か月に及ぶため、通常時間より夏時間の期間のほうが長い。 明るいうちに仕事をし、夜の余暇時間を延長できる。緯度が高く夏の日照時間が長い欧米諸国などで多く導入されている。 目的と効果 以下のような効果が期待できると考えられている。 明るい時間を有効に使えるので照明の節約になる。 交通事故や犯罪発生率の低下。 活動時間が増えることによる経済の活性化。 午後の日照時間が増えることによる余暇の充実。 夏時間導入に対する反対論 夏時間の導入については反対論も存在する。 (Wikipedia:サマータイム)

サマータイムマシン・ブルース
『サマータイムマシン・ブルース』は、劇団ヨーロッパ企画の代表作の一つである舞台作品、及びそれを元に製作された映画である。 あらすじ 「SF研究会」のだらしない部員達に起こるドミノ倒しコメディ。前日にクーラーのリモコンが壊れてしまい猛暑の中ぐったりしてる部員達の前に突然タイムマシンが出現する。昨日に戻り、クーラーのリモコンを取ってこようと思ったメンバー。しかし、タイムトラベルしたことが面白くなった面々は、過去の世界でフザけたことばかりする。そんな中、過去を変えると今が消えてしまう可能性がある事を知った。慌てた部員たちは自分たちの「今」を消さないために、大急ぎで以前に自分たちが過去でやらかした一連の行動が致命的なことにならないようにリカバリーしようと奮闘する。「昨日」と「今日」だけのタイムトラベル物語。 演劇 2001年8月に第8回公演で上演。2003年8月の第13回公演では「サマータイムマシン・ブルース2003」として再演。2005年には映画公開を記念し、「サマータイムマシン・ブルース2005」としてさらに再演。 (Wikipedia:サマータイムマシン・ブルース)

サマータイム (楽曲)
「サマータイム」(Summertime)は、ジョージ・ガーシュウィンが1935年のオペラ『ポーギーとベス』のために作曲したアリア。作詞はデュポーズ・ヘイワード (DuBose Heyward)。 現在ではジャズのスタンダード・ナンバーとして知られ、ポップス、ロックなど幅広いジャンルでも歌われている(後述)。 内容 オペラの第1幕冒頭で、生まれたばかりの赤ん坊にクララが歌いかけるブルース調の子守唄である。 前半の「夏になれば豊かになれる、魚は跳ねて、綿の木は伸びる。父さんは金持ち、母さんはきれい。だから坊や、泣くのはおよし…」では、歌詞とは裏腹に1920年代のアメリカの黒人たちの過酷な生活が反映されているが、後半の歌詞では、「ある朝、お前は立ち上がって歌う、そして羽を広げて飛んでいく…」という子供の成長を祈る内容になっている。 その後、ジェイクが嵐に遭遇して行方不明となったときと、ジェイクの死を知ったクララが嵐で死んだ直後にも歌われるが、歌詞の一部が変えられ、悲壮な内容となっていく。 (Wikipedia:サマータイム (楽曲))

サマータイム (楽曲)
「サマータイム」(Summertime)は、ジョージ・ガーシュウィンが1935年のオペラ『ポーギーとベス』のために作曲したアリア。作詞はデュポーズ・ヘイワード (DuBose Heyward)。 現在ではジャズのスタンダード・ナンバーとして知られ、ポップス、ロックなど幅広いジャンルでも歌われている(後述)。 内容 オペラの第1幕冒頭で、生まれたばかりの赤ん坊にクララが歌いかけるブルース調の子守唄である。 前半の「夏になれば豊かになれる、魚は跳ねて、綿の木は伸びる。父さんは金持ち、母さんはきれい。だから坊や、泣くのはおよし…」では、歌詞とは裏腹に1920年代のアメリカの黒人たちの過酷な生活が反映されているが、後半の歌詞では、「ある朝、お前は立ち上がって歌う、そして羽を広げて飛んでいく…」という子供の成長を祈る内容になっている。 その後、ジェイクが嵐に遭遇して行方不明となったときと、ジェイクの死を知ったクララが嵐で死んだ直後にも歌われるが、歌詞の一部が変えられ、悲壮な内容となっていく。 (Wikipedia:サマータイム (楽曲))


サマータイム - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  ジョルジュ・ビゼー - 2019年03月20日


関連するイメージは見つかりませんでした



ジョルジュ・ビゼー
ジョルジュ・ビゼー(Georges Bizet, 1838年10月25日 - 1875年6月3日)は、19世紀フランスの作曲家である。 代表作に『カルメン』、『アルルの女』、『真珠採り』、『小さな木の実』など。 生涯 ジョルジュ・ビゼーは1838年、パリに生まれた。最初につけられた名前はアレクサンドル=セザール=レオポール・ビゼー (Alexandre-César-Léopold Bizet) だったが、洗礼時に改名された。 父は声楽教師、母はピアニストで、幼い頃から音楽に親しみ、記憶力が抜群であった。9歳でパリ音楽院に入学し、フランソワ・マルモンテル、シャルル・グノー、ユダヤ人ジャック・アレヴィらに師事してピアノ、ソルフェージュ、オルガン、フーガで一等賞を獲得した。19歳でカンタータ『クローヴィスとクロティルデ』でローマ大賞を獲得。1861年にはリストの新作(リストは「この曲を正確に弾けるのは私とハンス・フォン・ビューローだけ」と豪語していた)のパッセージを一度聴いただけで演奏し、さらに楽譜を渡されると完璧に弾いてのけてリストを驚かせた。 (Wikipedia:ジョルジュ・ビゼー)


ジョルジュ・ビゼー - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  フリーマーケット - 2019年03月20日


関連するイメージは見つかりませんでした



フリーマーケット
『蚤の市』より : 蚤の市(のみのいち、flea market)は、ヨーロッパの大都市の各地で春から夏にかけて、教会や市庁舎前の広場などで開かれる古物市。パリの蚤の市が有名。北米では大規模な倉庫や体育館など屋内で開催されるものもある。出店者は一般家庭や仲間で集まったグループから、古物商や雑貨商の様な事業者まで幅広い。 「蚤の市」flea marketは、フランス語marché aux pucesの訳であり、もともとノミのわいたような古着が主な商品として扱われていたことに由来するとか、ノミのようにどこからともなく人や物がわき出てくる様子を表現したなど言われているが、語源は定かではない。もっとも現在のイギリスやフランスでは身体の血を吸うノミとは関係なく、汚らしい、みすぼらしいといった意味に捉えられている。日本に「蚤の市」という言葉および概念を紹介したのは柔道家の石黒敬七とされる。 同種の市は、日本でも最近はあちこちで催されているが、蚤の市という呼び名は、「蚤」の持っている不潔なイメージから、歴史のある古物市ではガラクタ市、ボロ市(世田谷区など)といった名称が使われ、最近の若者・ファミリー向けの大規模イベントとして開催されるものは、「フリーマーケット」というケースが多い。 (Wikipedia:フリーマーケット)


フリーマーケット - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す